地上の天国を探し回る

ハゲトがまた、天国に行ってきたとか…

ここから天国に行けたよ!

 

どんどん登って行くと…

やっぱり天国にたどり着いた!

ここも、すぐそこで雲が流れて行く。眼下には海が垣間見える。すごい。

やっぱり天国は、この地上にも存在する! 求めれば!


こうやってハゲトは、地上の天国を探し回るつもりなのか?

地上の天国を求める

こんにちは。
ハゲトが、天国に行ってきたとかナントカ…

ちょっといいとこ行ってきたよ。そこは、天国だったよ。


天国ってどんなことかどんなとこか知らないけどね。


でも確かに、天国と感じることができたんだ。


高原に降り立つと、すぐ目の前を雲が通り過ぎた。そして花があって、湿原が広がって、風が吹き抜けていた。

 


どうしてここが天国だと、思うんだろうね。気持ちのいい場所だからかな? 


気持ちのいい場所はみんな天国だと感じるのかな。多分そうじゃないよね。


天国みたいな場所を求めている時は、こういう場所を天国と感じるんじゃないかな?


きっとたくさんあるよね! こういう場所、天国に行く前に。

 

求めることで、天国になる。求めなければ、ただの草原… この地上にはそんな場所が、たくさんあるのかもしれない。

ラクして幸せになる方法

この前、ハゲトが言ってたよ(^^)

 

「幸せになりた〜い!」

 

「普通の幸せでいいから〜!」

 

 

普通の幸せって何?

 

逆に普通じゃない幸せって何?

 

o(`ω´ )o さらに上の幸福に決まってんだろ! もっと稼いで、今よりもっと幸福になるんだ。それが使命だ!

 

え〜 そんなの疲れる。

 

野心的な感じ? 

 

【野心】自分の分を超えた願望を密かに抱くこと。

 

ほら〜 分を超えた幸せなんていらないよ〜

 

 美味しいものをお腹いっぱい食べたり〜

 

 ゆっくり寝たり〜

 

 適度に働いたり〜

 

 適度に楽しんだり〜

 

そんなので十分だよ〜

 

逆に分を超えたものはさ〜、どっかで無理するじゃん?

 

そして幸せが逃げていく気がする〜

 

だからハゲトは言ってたよ。

 

分をわきまえた普通の幸せを求めるんだ〜っ

 

って。

 

なんかラクそうで、よくね?

 

o(`ω´ )o 分を超えない幸福とか言って、今に満足してラクしようとしているだろ!

 

そだよ

 

 

 

人に迷惑をかけて生きている人

ハゲトから、またいい話しを聞いたよ(^^)

 

生きていたら、人に迷惑をかけてしまうことって、あるよね?

 

ハゲトはみんなと合わせる事が苦手だから、みんなで同じことをする時に、よく迷惑をかけてしまうんだ。

 

例えばみんなで横断歩道を渡るとき、ハゲトは歩くのが遅いから、少し遅れてしまうんだ。

 

そんな時、横断歩道の手前で車は待ってくれている。いい人が多いよね。

 

でもホントは、みんな固まって早く渡り終えて欲しいよね?

 

だから、待ってくれている車に迷惑をかけている、とハゲトは感じるんだ。

 

そんな時、ハゲトはドライバーに向かって

 

「ありがとう」

 

と必ず言うんだ。

 

… 心の中で、だけどね!

 

つまりハゲトは、人に迷惑をかけているなぁと思う度に、心の中で「ありがとう」っていつも言ってる。

 

ハゲトは「ありがとう」と言ってばかりいる!

 

人にお礼をたくさん言ってる。

 

 

迷惑をかけてしまう事は、悪い事ばっかりでもないよね!

 

 

( ´Д`) まずは迷惑をかけないように努力しろよ…

 

 

『迷惑をかける存在(人)は、悪い存在か?

 

人に迷惑をかけてしまったら、ありがとうと言えるチャンスが増える。

 

故に、人に迷惑をかけてしまうことは、悪い事ばかりでもない』

 

 

エース級のスゴいヤツ

今日もまた、ハゲトのちょっと面白い話しを聞いたよ(^_^)

 

 

ハゲトは職場で『エース級』と呼ばれているみたい。

 

そう呼ばれることを、ハゲトは割と気に入っていた、いや、すごく気に入っていた。

 

だってそれは「キミは仕事ができるね」って言われてるのと同じくなくなくない?

 

だから『エース級』と呼ばれていることが、すごく嬉しかったんだ。

 

もちろん他にも『エース』と呼ばれる人が、ハゲトの職場にはいたよ。

 

その人はすごく仕事か出来て、人柄もよくて、おもしろくて、みんなから尊敬されているんだ。

 

そしてやっぱりそんな人は、会社がほっとかないよね?

 

会社の将来を担うべき存在として、地位や名誉、収入をたっぷりもらってたんだ。まさに『エース』だよね!

 

そう、『エース』なんだ!

 

級じゃないんだよ! ハゲトは『エース級』なんだよ! 級!

 

o(`ω´ )o 会社から認められなくても、自分で会社を担っていくくらいの気概が必要だ!

 

… そういう話しをしてるんじゃないよね。

 

〝級〟の話しなんだ。

 

それってどういうこと?

 

 

 

〝ハゲトはエースではない〟

インターネットの深い森

ハゲトは自宅のアパートメントの一室で、することがないことに悩んでいた。
 
ハゲトは、趣味を持っていなかった… インターネットで『趣味』を検索した。
 
世の中には色々な趣味が存在し、それをインターネットの世界に公開している人たちがたくさんいる。
 
… おもしろい。

“インターネットの深い森” の続きを読む

ファーストクラスという入れ物

 ハゲトは今、出張帰りで特急列車の中にいる。

 仕事は頑張っているつもりだが、いつも空回りしがちだった。さらにハゲトのある思考パターンが、いつもいらぬことを考えさせ、ハゲトの仕事、ハゲトの人生を邪魔していた。

 混雑しているエコノミークラスの指定席で、疲れた体を沈めているハゲト。ふと、斜め前の席に座る男性が目に入った。ハゲトと同じくビジネスマン風の男性で、座席前の小さなテーブルを開き、そこにバインダー型の手帳、付箋がたくさん貼付けられているメモとノートを広げて、右手にはボールペンが握られていた。

 カリカリとバインダーにメモを取り、考え込み、またノートにもメモを取り、時々スマートフォンで調べ物をしたりしていた。列車の中でも時間を惜しんで、仕事に励んでいるようであった。

 その男性を見て、ハゲトは思う。

“ファーストクラスという入れ物” の続きを読む

全てうまくいくスイッチ

 ハゲトは人生に半分絶望していた。

 

 出世することも、お金持ちになる事もできず、夢を追いながら日々をなんとか生きている状態だった。私生活が特に充実していることもなく、生きているとうまくいかない事が多い、まるで意図的にうまくいかないように仕向けられているようだ、と感じていた。

 

 ハゲトは良く晴れたある日、気分転換をしようと思い立った。海岸の崖の上に、ほんの少し草が生えている場所を見つけて、そこに家から持ってきた座布団を敷いた。

 

 そこに座りこみ、海の向こうを見つめ静かに息を吐き出し、薄目になって自分のココロの中を覗いてみた。

“全てうまくいくスイッチ” の続きを読む

消滅した世界の終わり

 月の無い夜の中、ハゲトは仕事帰りのたんぼ道を歩いていた。街灯は無く、控え目な街の明かりがわずかに視界を与えるだけで、暗闇が広がっていた。夏のべったりとした空気はハゲトの腕に纏わり付き、どろどろとハゲトを歩かせた。
 

“消滅した世界の終わり” の続きを読む