1-2:始まりのプラットホーム

 全員が規則正しくそれぞれの列車に乗ってしまったプラットホームで、乗り遅れたナスカは一人、はらはらと泣いていた。“チコク”というこれから貼られるレッテルに身を震わせ、未来の希望は塩味の涙になって流れ落ちていった。
 
 風がプラットホームに吹き込み、ナスカの髪をサラサラと動かした。座り込んだナスカの足元から、規律を厳守する人々の残滓が吹き流され、ツルリとしたプラットホームの床は硬質な静寂が張り付いていた。
 
 一陣の風。静謐のプラットホーム。
 
 誰もいないのをいいことに、ナスカはいつまでも座り込んで床の一点を見つめていた。そこには小さな黒いシミがついていた。擦っても擦っても取れることはない、極めて硬質なシミだった。
 
 ブーン、という警笛ともブザーとも違う低い音が、プラットホームの後ろの方から聞こえてきた。ナスカが顔をほんの少しだけ上げると、プラットホームにメタリックブルーの列車がするすると入ってきた。ガタゴトという音は全く無く、ゆっくりと滑るようにナスカとの距離を縮め、目の前でピタリと停車した。直ちにたくさんのドアが、パシャっという極めて小さな音を立てていっぺんに開いた。プラットホームに残されている乗客は、ナスカ一人しかいなかった。
 
 ナスカはヨロヨロと、しかしこれ以上絶対に遅れるわけにはいかない決意をもった力強さで立ち上がり、タタタっと慌てて乗り込んだ。ナスカを収納したメタリックブルーの列車は、今度はピシャっという鋭い音を立てて、ドアを一斉に固く閉めた。今日の重大な仕事はこれで終わったという決意が、ドアの閉まり方に込められていた。
 
 列車は動き出した“ようだった”。スルスルと動く列車に揺れは殆どなく、滑らかな水面を移動するアメンボのように、滑らかで軽快だった。シンと静まり返った車内には、他に乗客は誰もいなかった。いつもと雰囲気がまるで違う車内で、ナスカはボックスシートの側に立っていた。照明は抑えられ、車窓から動きのある眩しい光が、音もなく加速しながら流れ込んでいた。
 
 ナスカは目を擦り、一本遅れただけで普段の列車とこんなに違うの?と思った。まだ通勤時間帯だというのに、この車両にはナスカしか乗ってない。それどころか、列車の編成全体を含めても、乗客はナスカただ一人なのかもしれない。
 
 ナスカは希望無く崩れ落ちるように、向かい合わせになった座席の奥に座り込んだ。明るく差し込んでくる車窓はナスカの絶望とは関係無く、ちゃんとしたリズムで外の景色を変えていった。駅を出るとすぐに高架橋を渡り始める… そこまではいつもと同じだった。
 
 ナスカはぼんやりと、普段よりちょっと高いところを走っているように見える、と感じ始めていた。いつも眺めている街が、高いところから見下ろしているように感じる。いや、感じでいるのではなく、確かにいつもより目線が高い。創出され始めたナスカの疑念を振り切るように、列車は大きなカーブを描きながら軽やかに登っていった。
 
 慌てて乗ってしまったので、乗り間違えてしまったのかもしれない。それとも、何か重大な事が起こっていて列車の行き先が変更になったのかもしれない。しかしこの路線には分岐は無く、終着駅まで一本だったはず… いや、分岐が一箇所だけあったかな?と考えている内にも、見たこともない高さまで列車は高度を上げていた。15階建のマンションの屋根が見え始めるくらいに。
 
 相変わらず音もなく、スルスルと下がっていく街の屋根。大きなカーブを描きながら、この列車はどこか高い場所の目的地に向かって、山岳鉄道のように高度を稼ぎ続けている。
 
 それはまるで、絶望という絶壁を上り詰めていき、日常から逃げていくナスカを、ぐるぐるとかき混ぜているようだった。
 
「ヤッホー、私のナスカちゃん」
 
 誰もいないはずの向かいの席に、金髪の女が座っていた。ナスカとちょうど同じ歳くらいの、真っ白なワンピースを着た派手な女だった、黄色の小さなリュックのようなものを背中に下げている。
 
「元気ないね〜、遅刻したくらいで」
 
「… なんであんたが知ってるの?」
 
 ナスカはその女に馴れ馴れしく応えた。ずっと前から知ってるような、幼い頃から一緒にいたような、そんな感覚で。
 
「そりゃナスカのことは何でも知ってるよ〜。ずっと一緒じゃん?」
 
 感覚は分かるが、理解できない。ナスカはこの女と会ったことはないし、見たこともない。しかし、よく知っている。この女の名前はアナスカ…
 
 やはりこの列車の中で、何か重大なことが起こっている。
 

1-1:朝のプラットホーム

「あ〜〜〜!!!」
 
 山々のせせらぎは里の川に下り、無数の川は大河に下る。大河は濁流となって、一つの方向へ激しく流れて行く。
 
 日本中のほとんど全員が同じところに移動しようと濁流となり、朝の鉄道駅は人で溢れかえっていた。不思議と岩や岸に当たって水飛沫を上げることなく、スムーズに、しかし速く流れていた。
 
 その中で、流れを乱す特殊な水があった。その水は若い女で、落差数メートルの滝から落下するように、プラットホームに下りる階段を「あ〜っ!!」と叫びながら、駆け下りていた。
 
 その特殊な流れ、ナスカは今朝、ほんの少しだけ家から出るのが遅れた。走ればいつもの列車になんとか間に合うというタイミング。虚な夢遊病患者のような顔つきで視線を駅のプラットホームに止まっている列車ただ一点に定め、命をかけて列車に駆け込もうとしていた。ゆっくりとしてしかし堅実な流れの人々を横目に走り、足がもつれて危うく他の人々を巻き込んで、階段から転げ落ちる寸前だった。
 
 列車のドアは行儀の良い流れを効率よく吸い込み、その水門を閉じた。ナスカは閉じる水門を制止しようと叫んだのだった。
 
 その水門は、誰かが叫んだからといって再び開くような緩い堰ではなかった。行儀が良くてスムーズな者だけを受け入れ、行儀の悪い者には固く閉ざされた門だった。ナスカも必死だが、列車を運行している側も虫の一匹でも入り込ませないくらい、時刻通りにドアを閉じるのに必死だった。そのおかげでほぼ毎日、列車は正確に時刻通りに出発できた(驚くべきことだ)。ナスカはひとり、ホームの上に取り残された。
 
「遅刻しちゃう… 遅刻しちゃう… もうダメだわ! 私の人生終わりだわ!」
 
 ナスカはショートボブの髪を振り回して、タイトジーンズの足を折り曲げてホームの上に座り込んでしまった。ヒールは階段を走って下りる時に脱げかけていた。そしてそのまま、シクシクと泣き出した。
 
 ナスカにとって、人生に重大な影響が不可避なくらい、一本の列車を逃したことは深刻だった。次に列車が来るのは数分後。しかしその次に乗り換えなければならない列車があり、遅れが積み重なり、最終的には遅刻する。
 
 行儀がよくて水の流れに従順な人たちは“ちゃんと”反対側の列車にも乗り込み、プラットホームは静まりかえった。生ぬるい風が吹いていた。
 
 
 

朝の叫び 「あ〜」

ハゲト:今朝、かわいそうな小学生の男の子を見たんだ。駅のホームへ下りる階段を「あ〜っ!」と叫びながら走り、必死で出発場際の列車に乗ろうとしてたんだ。
 
*:寝坊か何かして、遅刻しそうなんだろ。
 
ハゲト:そうなんだ。小学生低学年から“絶対に”遅刻してはならないって、刷り込まれてるんだ。それは大人になっても変わらない。僕たちは毎日“絶対に”遅刻してはならないって思い込んで、命がけで、決まった列車に乗ろうとしてる、毎日。
 
*:当たり前だろ? 遅刻していいのかよ?
 
ハゲト:遅刻していいとは思ってないよ。ただ、命を懸けるほどのことじゃないと思うんだ!
 
*:ギリギリで動くなよ。余裕を持てよ。
 
ハゲト:厳しいなあ…
 
もう我慢できない。ぼくはあの小学生の男の子にインスパイアされた物語を書くよ!
 
*:はあ? また… わけの分からない話をつくるのかよ。いい加減に“普通に”しろよ。
 
 
 

運転免許の失効30分前

またハゲトが…
 
運転免許証の更新をすっかり忘れていたようです… どうなったのでしょうか??
 
 
 
ハゲト:やっぱり神さまはいる‼️
 
 
✳︎:はぁ? 急にスピリチュアルしてんじゃねーよ。
 
 
ハゲト:コロナで免許更新を延長してたんだ! 
 
誕生日もとっくに過ぎて、更新のことなんて普通忘れるよね! 
 
でもね、失効30分前に脈絡もなく気付いたんだ‼️ 
 
警察署に走り込んで間に合ったよ〜‼️
 
 
✳︎:オメーがバカなだけだろ。
 
 
ハゲト:問題はボクがバカかそうでないかじゃないんだ! 
 
ギリギリ間に合うタイミングで、なんの脈絡もなく気付くなんて、僕のチカラじゃないんだ。
 
カミサマが教えてくれたに違いない。間違いないんだ‼️
 
だから、これから毎日、唱えることにするよ。
 
カミボクマモテル
カミボクマモテル
カミボクマモテル
 
(カミサマがボクを守ってくれている)
 
 
✳︎:はぁ?
 
 
実話。
 
 
毎日唱えることにしたのも実話。
 
 
 
 
 

みんなで雨に濡れよう

強い雨の日☔️… ハゲトは駅のホームに立っていた。
 
他の通勤のみんなも、いつも通り整然と、ホームの端から並んでいた。
 
激しい風雨は、ホームに降り込んでいた。
 
… みんな、雨に濡れながら、じっと電車を待っていた…
 
 
自由人のハゲトは、列から離れて、雨に濡れないところで待っていた。
 
ハゲト:決められた場所に並ぶのって、雨に濡れるくらい重要なの?
 
✳︎:オメーが自由すぎるんだよ。
 
 
リンク