1-1:朝のプラットホーム

「あ〜〜〜!!!」
 
 山々のせせらぎは里の川に下り、無数の川は大河に下る。大河は濁流となって、一つの方向へ激しく流れて行く。
 
 日本中のほとんど全員が同じところに移動しようと濁流となり、朝の鉄道駅は人で溢れかえっていた。不思議と岩や岸に当たって水飛沫を上げることなく、スムーズに、しかし速く流れていた。
 

“1-1:朝のプラットホーム” の続きを読む

インターネットの深い森

ハゲトは自宅のアパートメントの一室で、することがないことに悩んでいた。
 
ハゲトは、趣味を持っていなかった… インターネットで『趣味』を検索した。
 
世の中には色々な趣味が存在し、それをインターネットの世界に公開している人たちがたくさんいる。
 
… おもしろい。

“インターネットの深い森” の続きを読む

白い蝶‐1:記憶の海の島

 

 ナスカは春風の吹く頃、旅に出た。列車を待つプラットフォームで春の匂いを感じ、暖かさを感じ、風がナスカの髪を撫でていた。居るだけで気持ちよく、その心地よさを黙々と味わっていた。

 

 ナスカは島に行くための列車に乗った。しばらくするとトンネルの中に入った。窓の外は暗く、鉄の車輪と鉄のレールがこすれる音がトンネルの壁に響き、車内に激しい音が入り込んできた。

 

“白い蝶‐1:記憶の海の島” の続きを読む