“廃” 少しの間だけ、この世界に存在している

ハゲトは廃墟や旧道に興味を持つという“廃”の趣味もあるらしい。そんなものになぜ興味を持つの?

ハゲト:こういうものに、なぜか惹かれるんだ。

かつては華々しく使われ、栄華を誇っていたような、そんな感じのものたち。

““廃” 少しの間だけ、この世界に存在している” の続きを読む

地上の天国を探し回る

ハゲトがまた、天国に行ってきたとか…

ここから天国に行けたよ!

 

どんどん登って行くと…

やっぱり天国にたどり着いた!

ここも、すぐそこで雲が流れて行く。眼下には海が垣間見える。すごい。

やっぱり天国は、この地上にも存在する! 求めれば!


こうやってハゲトは、地上の天国を探し回るつもりなのか?

地上の天国を求める

こんにちは。
ハゲトが、天国に行ってきたとかナントカ…

ちょっといいとこ行ってきたよ。そこは、天国だったよ。


天国ってどんなことかどんなとこか知らないけどね。


でも確かに、天国と感じることができたんだ。


高原に降り立つと、すぐ目の前を雲が通り過ぎた。そして花があって、湿原が広がって、風が吹き抜けていた。

 


どうしてここが天国だと、思うんだろうね。気持ちのいい場所だからかな? 


気持ちのいい場所はみんな天国だと感じるのかな。多分そうじゃないよね。


天国みたいな場所を求めている時は、こういう場所を天国と感じるんじゃないかな?


きっとたくさんあるよね! こういう場所、天国に行く前に。

 

求めることで、天国になる。求めなければ、ただの草原… この地上にはそんな場所が、たくさんあるのかもしれない。