朝の修行

朝の通勤電車で、横から入ってくる人間がたくさんいる。だいたいが、スーツと革靴で決めているがカジュアルなリュックを背負った、おかしなサラリーマン達だ。

俺たちが標準だ、と言わんばかりの同じスタイルで、競争社会を具現化するごとく「入られるヤツが悪い」という風で、前に入ってくる。

 

カチーン!

 

一方、自分は普段着(先日の有馬温泉ぶらり旅に行った同じスタイル(笑))で通勤し、流行(笑)や常識(笑)から少し離れたところにいる。

仏教的には、この世界は精神修行の場である、と言われる。きっとこれは、修行だ。ワザと流行(笑)や常識(笑)と離れたところにいる。

常識(笑)や流行(笑)が自分の前に横から入り込もうとしても、常に静かな自分を保っていられるかどうか… これからも、ココロ静かに通勤をこなしていく。

駅前のカミサマ

駅前で
立っておられる
  今日もまた
 
大丈夫
大丈夫
 
 
 
 
 身なりの侘しいおじいさんが、毎日のように深夜の駅前に立っておられた。
 
 そして、疲れ果ててトボトボ歩く人たちに手を掲げて「大丈夫だよ、大丈夫だよ」と、声をかけておられた。
 
 最近は、フッと、おられなくなった。