次の大晦日に向かい始める

そろそろと、年が動き出した。

凜々とした朝。

しかし、体と気分は気怠い。

次の大晦日(2021.12.31)まで、あと360日。結構あるな。

 

初仕事

凛とした朝

気は重く

 

 

 

陽は昇る

薄闇から朝日がゆっくりと昇り、空は白んでいくことを通り越して、だんだん青くなっている。

新しいことが始まる時間。

陽は引き返すことはなく、昇り続ける。

何かをやろうと思う時『やり始める』。やり始めたら、勝手に昇っていく。

無の中に自分を置いても、陽は昇っていく。

 

初空の

 朝日は昇る

  空青む

 
 
 
 

釣れない釣り

 

昨日、寒空の晴天の下、釣りをした。

または、釣らない釣りをした。

釣るつもりのない釣りをした。

 

釣れないと
分かっていながら
糸垂れる

無為な時間を
流すまま


そんな時間が過ごせる今は、幸福に違いない。


新型コロナウイルスを発端とした世界経済の低迷が、我々の生活を少なからず変化させるだろう。


今までが、豊か過ぎた。

私のような凡人でも、貴族の生活を享受してきた。


それが、普通の豊かさに戻るだけ。

逆にこれまでのキチガイじみた忙しさから解放され、釣れない釣りのような時間が、増えるだろうな。