雨ザアザア我ザワザワ

雨ザアザア降る
我ザワザワ焦る
晩冬温い風の中
 
この季節には珍しい雨の降り方、ザアザアと降る雨。風が吹いているが寒くなく、生温い。そんな中、ザワザワと焦燥感に駆られる自分。
 
雨ザアザア、我ザワザワ。
ありがとうございます 🙏
 

 

 

 

色んな朝がある

雨が降っている。

雨なのだからと、日の出のずっと後、明るくなってからソラを見る。

無。しかし純粋な無ではなく、フワフワとした無である。つまり、穏やかで洗練された無の時間ではなく、 “色んな朝がある” の続きを読む

青くなる雨粒のスクリーン

雨。完璧な雨。

どんな日の出が演出されるのか、空をじっと見ながら待っている。果たして朝は来るのか? そりゃ来る。日の出が見られるのかということか。太陽は見えないにしても、明るくなっていくソラが見えるのかということ。まあしかし、こんな朝があってもいいと思うし、 “青くなる雨粒のスクリーン” の続きを読む

変わらない朝を迎えられること

雨の朝。

ぼんやりとした朝を迎える。景色がぼんやりしているだけで、自分はぼんやりしているのかいないのか。朝だから多少はぼんやりしているが、それが普通というもので時間と共に目覚めていく。

この、朝のボンヤリ感を味わうのもまたいいと思い、 “変わらない朝を迎えられること” の続きを読む