何を見ても劣等感を感じるゾーン

「あの人は自分より金を持っている」
「あの人は自分よりいいものを買っている」
「あの人は自分より金のかかった旅行をしている」

そして自分は、あの人達に比べてお金を持っていない…

バカな男は今日も朝から、何を見ても劣等感を感じるゾーンに入っていた。

その劣等感は大抵、或は全て、お金に関してのことだった。

しかしその劣等感は、逆に『優越感を持ちたい』という願望を同時に生んでいることに、その男は気付いていた…

劣等感
その裏には
  優越感

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です