チョロい男

そのバカな男は今朝、発見をした。
 
脳が幸せにする
不幸にもする
 
例えば、宝くじで7億円当たったことにする。
 
もしホントに当たったとしても誰にも言えないから、状況的にリアルに想像できる。
 
或いは、こっそり副業で7億円稼いだ。誰にも言わない。
 
脳が当たったことになる。そして行動がゆっくりになる。
 
気持ちに余裕が出て、足取りは軽く、ゆっくりになる。
 
体が健康になる。心が凪く。
 
ココロもカラダも、健康になっていく。
 
お金があり余っても、会社は辞めない。なぜなら社会との繋がりに役立つから。人付き合いに役立つから。
 
リアルだ。
 
───
 
そのバカな男の脳内では、すでにそのような物質構成となった。
 
結果的に、幸福になってきた。
実際にお金が無くても。
 
お金が無いと贅沢は出来ない、それはバカな男でも分かっていた。
 
贅沢が出来なくても幸せにはなれる、それはバカな男でも理解していた。
 
脳が、幸せにも不幸にもする、簡単だった。
 
チョロい男だ。
 
 

また、カネか

 
 
お金達
 
飛ぶようにして
 
 いってしまう
 
 
これは喜捨だと
 
 言い聞かせる
 
 
 
 
 
 
喜捨:僧、寺社、或いは貧者に金品を施すこと。
 
または「お金、お金…」といつも思い悩むことを捨てること。
 
 
しかしよく考えたら… 僧や寺、神社もやっぱり… 金なのか? 
 
 
持ち過ぎてはいけない、ということか? 持ち過ぎてはいないが。