永平寺で出会ったコトバ

永平寺に行ってきた。N的は禅的なので、ずっと行きたかった。そこで、これから歳をとってもずっと心に仕舞っておけるコトバに出会った。

紅葉が始まった永平寺

= MEMO =

【永平寺】福井県永平寺町にある曹洞宗の大本山で、道元禅師によって開かれた座禅修行の寺。

まずはメシ。福井名物の厚揚げおろしそば。厚揚げがてんぷらの代わりにもなり、うまい。
永平寺
紅葉が進む
有名な156畳敷きの傘松閣の天井画。しかしそれよりも…
達磨大師(中国禅宗の開祖とされるインド人仏教僧)の大きな掛け軸

目と、突き刺してくるような髭に迫力あり、この掛け軸を前にしていると、達磨大師に全てを見透かされているよう。

そしてこのコトバ。

人生に定年はない

老後とか余生というのもない。ずっと人生の一部。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です