“廃” 少しの間だけ、この世界に存在している

ハゲトは廃墟や旧道に興味を持つという“廃”の趣味もあるらしい。そんなものになぜ興味を持つの?

ハゲト:こういうものに、なぜか惹かれるんだ。

かつては華々しく使われ、栄華を誇っていたような、そんな感じのものたち。

特にこういうのには、そこに意味を感じてしまう…

役目を終えて、自然に帰っていくような。

この世界で生まれたもの全てが、最後には自然に帰っていくんだ。

自然から生まれたものしか、この世界にはないからね。

少しの間、形を変えて世界に存在しているだけなんだ。

その“少し”は、宇宙からみればホントに少しなんだ、たぶん。

この世界の儚さ、弱さを感じているのかも、このものたちに。

この世界の儚さを再確認することで…

自分の弱さを受け入れようとしているのかもね!

 

祇園精舎の鐘の声

諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色

盛者必衰の理をあらわす

(平家物語)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です