カテゴリー
短歌・俳句

酒の副作用

広告
たっぷりの酒と食事で過ごした楽しい夜の翌朝は、いつも不機嫌な朝となる。
広告
─────
飲んだ日の
翌日に来る
 不機嫌さ
夢も希望も
 無い朝だ
─────
あ〜あ。何をもって生きているというのか…!
なんてな。
大げさだな(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です