宇宙的節分の朝

早朝🌄 少し後になって、今日は節分であることに気付く。昨夜までは覚えていた。

前日の雨の残り香が漂う朝となった。節分と雨は関係ないが、宇宙の星の運行とは関係がある。 “宇宙的節分の朝” の続きを読む

朝の空気

早朝🌄 外に出ると思いの外、生ぬるく感じる空気。美味い。

昨日の鋭い冷気もココロがビンとするが、今朝のヌルッとした空気もまた、美味しい。

新鮮な空気を吸えることに、感謝したい 🙏⛩

 
今日もまた、夜が明ける。
 
ありがとうございます
 

 

 

 

朝7時の時計の長針

2021年1月29日の夜明け🌄 太陽柱がよく立っている。

朝は常に時計を見ているので、今が7時ちょうどであることに気付いている。美しい太陽柱が、時計の長針に見える。 “朝7時の時計の長針” の続きを読む

二羽のカラス

2021年1月28日の夜明け🌄でもない。ここ最近は曇りの朝ばかりで、数日前の夜明け空。

朝に歩いていると、2羽のカラスが争っていた🦅

“二羽のカラス” の続きを読む

物理的な朝と思考世界の朝

2021年1月27日の夜明け🌄

どんよりとした空と、垂れ流される霧という物理的な朝と、今日も一日が始まっていくという思考世界の朝が、同時平行で存在している。 “物理的な朝と思考世界の朝” の続きを読む

喜びの朝?

あさがきた。

今日も朝が来た。それでも、朝がきて。一日が始まる。

よーし、いくぞ! という気分でもなく、あ〜今日も始まったか、という気分なのは何故だろう?  “喜びの朝?” の続きを読む

色んな朝がある

雨が降っている。

雨なのだからと、日の出のずっと後、明るくなってからソラを見る。

無。しかし純粋な無ではなく、フワフワとした無である。つまり、穏やかで洗練された無の時間ではなく、 “色んな朝がある” の続きを読む

青くなる雨粒のスクリーン

雨。完璧な雨。

どんな日の出が演出されるのか、空をじっと見ながら待っている。果たして朝は来るのか? そりゃ来る。日の出が見られるのかということか。太陽は見えないにしても、明るくなっていくソラが見えるのかということ。まあしかし、こんな朝があってもいいと思うし、 “青くなる雨粒のスクリーン” の続きを読む

変わらない朝を迎えられること

雨の朝。

ぼんやりとした朝を迎える。景色がぼんやりしているだけで、自分はぼんやりしているのかいないのか。朝だから多少はぼんやりしているが、それが普通というもので時間と共に目覚めていく。

この、朝のボンヤリ感を味わうのもまたいいと思い、 “変わらない朝を迎えられること” の続きを読む