なに様か

人をバカにして楽しんでしまっていることが、よくある。

そんな時、反省の弁を唱えるといいこと分かった。

『そんな俺は俺様』