地動説的な太陽

こっちの都合に関係なく、太陽は今日も昇ってくる。
いや… 太陽はじっとそこにいる。こっちが下がっている。
下がっているというより、太陽に向かってクルッと回りながら進んでいる。
そして昼頃に、太陽を追い越す。

 

我々がアグレッシブに動いている地動説的に。

変わらない強い存在に照らされて

太陽が、今日も昇ってくる。
毎日繰り返される、光景。
一方我々は毎日、色んなことにガタガタしている。
そんな我々を、太陽は今日も強い光で照らす。

 

こっちがガタガタしていても、太陽は今日も明日も変わらない姿を現す。小さな存在の我々=地球は色とりどりに変化し、今日もガシガシ活動する。

周りはみんなジャガイモ

周りの人間をジャガイモとする。そうすることに決めた。
みんな、ジャガイモ。
強そうなジャガイモ。かっこいいジャガイモ。美しいジャガイモ。醜いジャガイモ。いろんな形のジャガイモ。
みんな同じジャガイモ。怖くない。強くない。
そもそも、物質の大元は素粒子。みんな素粒子の組み合わせなのだ。
今日も変わらず光っている太陽も、素粒子の組み合わせ。
何も怖いものは無い。