夏は流れて…

 
あちゃ〜
この夏が、流れてしもた!
 
 
楽しみにしてた夏休みの旅行が…
 
できん。
 
移動自粛要請…
 
引くわ〜 コロナめ。
 
 
よしっ、そんなん言うててもラチあかん。

“夏は流れて…” の続きを読む

分厚い雲の上は、常に真っ青な空が広がっている

スタスタスタ…

今日も私は、歩いている。

真っ黒な厚い雲が、頭上に広がっている。

今に救われて

いやいやいや、しかし…
 
今日も、ドンマイさんにごっつう心配されながら、歩いてた。
 
大丈夫、いつか近い未来に自分は素晴らしい人間になって、ラクになる、幸せになれる。
 
 
…その未来、いつくんねん? “今に救われて” の続きを読む

当たり前ではない

余寒陽が昇る
当たり前の朝思え
 
当たり前に陽が昇る、と普段感じていた。何をやっててもやらなくても、陽は毎日かってに昇ってくる。それが当たり前と思っていた。
 
しかし「陽が昇ってくる」のを見ることができる、というのは当たり前ではないと、大きな地震の後ではそう感じる。
 
自然は偉大でそう簡単に変わらない。反対に、それを感じている自分は小さな存在。自然のチカラで生かされているということか。はぁ〜 ありがとうございます 🙏