夏は流れて…

 
あちゃ〜
この夏が、流れてしもた!
 
 
楽しみにしてた夏休みの旅行が…
 
できん。
 
移動自粛要請…
 
引くわ〜 コロナめ。
 
 
よしっ、そんなん言うててもラチあかん。

“夏は流れて…” の続きを読む

分厚い雲の上は、常に真っ青な空が広がっている

スタスタスタ…

今日も私は、歩いている。

真っ黒な厚い雲が、頭上に広がっている。

今に救われて

いやいやいや、しかし…
 
今日も、ドンマイさんにごっつう心配されながら、歩いてた。
 
大丈夫、いつか近い未来に自分は素晴らしい人間になって、ラクになる、幸せになれる。
 
 
…その未来、いつくんねん? “今に救われて” の続きを読む

当たり前ではない

余寒陽が昇る
当たり前の朝思え
 
当たり前に陽が昇る、と普段感じていた。何をやっててもやらなくても、陽は毎日かってに昇ってくる。それが当たり前と思っていた。
 
しかし「陽が昇ってくる」のを見ることができる、というのは当たり前ではないと、大きな地震の後ではそう感じる。
 
自然は偉大でそう簡単に変わらない。反対に、それを感じている自分は小さな存在。自然のチカラで生かされているということか。はぁ〜 ありがとうございます 🙏
 

 

 

 

変化への期待

ダメだと自然に口から出る
それはきっと変化への期待
 
歩いていると、「ダメだ」とつぶやいている自分に気付いてしまった。考えもなしに口から出ていた。なんだそれは。そこで発想の転換を急遽した。それはきっと、変化しようとしている自分への期待。ありがとうございます  🙏
 
そして、季節感を入れるのを忘れていたことに気付いた(詩の中に季節感を入れるようにしている)。なのでもう一枚。
 
ダメだと自然に白い息吐く
それはきっと変化への期待
 

 

 

 

目覚めない朝は無い

朝のグラデーションを見ると、ホッとする🌄

よく考えたら、目覚めたことの無い朝は今まで無かった。そりゃそうか。目覚めなかったら、自分にとって今日は来ない。永遠の眠りの中にいてしまう。

今日もなんとか目覚めて、今日という日を活動して、夜になるとまた眠りにつく、たぶん。

“目覚めない朝はない”

なんか… カッコいい。

ありがとうございます🙏

 

 

 

朝7時の時計の長針

2021年1月29日の夜明け🌄 太陽柱がよく立っている。

朝は常に時計を見ているので、今が7時ちょうどであることに気付いている。美しい太陽柱が、時計の長針に見える。 “朝7時の時計の長針” の続きを読む

次の大晦日に向かい始める

そろそろと、年が動き出した。

凜々とした朝。

しかし、体と気分は気怠い。

次の大晦日(2021.12.31)まで、あと360日。結構あるな。

 

初仕事

凛とした朝

気は重く