森の中を彷徨う

道端に雑然と咲く小さな花に、視線が吸い寄せられた。

雑草が木々になり、巨大な花が咲く森となった。

ああ、私はこの森の中を“さ迷って”いる。

広大な世の中を、嬉々として彷徨っている。
嬉々としていく。
As it is.

心の中に吹く風に揺れる

まいど、マインドです。
 
揺れるわ〜、ココロが。
ものすごう揺れてる。
落ち着きが、ない。
落ち着かんとアカ〜ンって思うと、
ますます自分がしょ〜もない人間に思えてくる。
 
こりゃあかん。
 
 
もう、そのままに揺れ動かしといたらどうやろう?

“心の中に吹く風に揺れる” の続きを読む