カテゴリー
短歌

螢の道

風ぬける
螢の道を
フラフラと
 
 
 
 
 
夜の田んぼ道。
 
気持ちよくぬける風の中、螢の道をフワフワと浮くように歩いた。
カテゴリー
短歌

夜の田んぼ道 そのニ

蛙鳴く
 
 蛍燐燐 田んぼ道
 
 
 
かわずなく ほたるりんりん たんぼみち
 
 
 
 
 カエルがゲロゲロとうるさく鳴いているし、蛍も舞っている。なんともにぎやかな、夜の田んぼ道。会社帰り。
 
カテゴリー
短歌

夜の田んぼ道 その一

 
蛍舞う
 
 映り込む田の 水鏡
 
 
 
 
 
蛍が深夜の水田の上を舞い、水面(みなも)に蛍の灯が硬く映り込み、光の乱舞となっていた。
 
 
今年ももう、そんな季節か…