カテゴリー
迷いの森

この世は夢(邯鄲の夢)

この世は夢のようなもの。


しかも一瞬。


そんな夢のような世なのになぜ我々は『(苦しい)現実』に思えるのか。


それは、まだ来ていない『不安』をいつも考えているから。


現実問題として目の前にある問題は、対処すればいい。うまく対処できるかできないかにせよ。


しかしほとんどの場合は『この先に起こりそうな』不安に怯えているではないか。


それは、まだ起こっていない。 


楽しい時は「夢のような時間だ」とよく言う。現実なのに。

楽しい時、うまくいっている時は先の不安なんて考ないから「夢のような時間だ」と感じる。


ならばいつも、まだ来ない不安なんて考えない方がいい。そしていつも、夢のように現実を思い馳せよ。

カテゴリー
短歌

目の前に、べっとりとした現実が横たわっている

梅雨前の
べっとりとした 現実が
 
 
カテゴリー
迷いの森

夢日記:現実の悪夢化

 夜の丘で、空を眺めていた。
 夜なのに、白い飛行機がハッキリと見えた。その飛行機は、星屑のようなキラキラしたものを撒き散らしていた。漆黒の夜空に浮かぶ星屑、綺麗だ。
 この後のシーンが起床してからの問題となる。
 シーンが変わり、普段働いている会社に居た。
 いつもの嫌なヤツが、いつものデスクに座り、周りの人間も皆、いつものように疲れ切った顔をして仕事をしていた。
 今日は残業になるのだろうか、それとも早く帰れるのだろうかと考えていた。
 そして、目が覚めた。ああ、悪夢だったな、と…
?…
悪夢!?
 見た夢は、日常のワンシーン。普段の生活の一部を再現しただけ。それを、悪夢と感じた。
 つまり、今の生活は悪夢の中にいる。
 ヤバい。激ヤバい。