カテゴリー
N的な哲学

転悪成徳(てんなくじょうとく) 〜 テラの掲示板より

毎朝通りかかるお寺の掲示板より。
 
 
 
転悪成徳(てんなくじょうとく)
 
 
親鸞聖人(浄土真宗の祖)の言葉。悪を転じて徳と成す。
 
 
どんなに失敗しても、徳となって仏となれる。
 
 
 
つまり、どんなでも生き抜け、ということか? N的に解釈すれば。
 
 
 
 
似たような言葉に【災い転じて福となす】がある、と思う。
 
 
災いや失敗をしても、それが原因で福となる。
 
 
どんなに失敗しても、そのことで幸福に繋がるかもしれないという、何でもありの言葉。
 
 
 
 
どんなでも、今日一日を生き抜くか…