登場人物

《ナスカ》
若いがそう若くはない女。
ナスカの旅

《劣等感の男》
目に入るもの全てに、劣等感を感じてしまう、または自分の劣等感に結び付けてしまう。
ベルトの穴

《コウタロウ》
自分の心の中を覗ける男。色々なスイッチがあることを発見する。
“うまくいかないスイッチ”

《修三》
人のことを勤め先や新幹線の座っている席がグリーン車かそうでないか等の『入れ物』で判断する、嫌なヤツ。
“今いる場所”

[ad#co-1]