ネコ目線の哲学, 日々雑感

#写真 #夜 #夜景 #神戸港
 
 思うところはある。将来これを子どもが見たら、どう思うだろう? 表現の仕方、相当悩んだな。

 今しか感じられない、子育てというやつの気持ち。愛情と、責任感。愛情と教育。 ...

ネコ目線の哲学, 日々雑感

#庭 #地蔵

 雨が振る直前。外で除草作業をする人々。もう夕闇が近づいており、今日の作業は多分すぐ終わるのだろう。

 そして、今日は雨にギリギリ降られなくて良かったな、と考えているに違いない。

 雨 ...

ネコ目線の哲学, 日々雑感

#写真 #森 #田んぼ
 
 ワタシの毎日の田んぼ道の一部に、小さな森を通り抜ける箇所がある。

 春が来て、暖かさが暑さに変わろうとする頃、ヘビが出る。彼らも暮らしている。

 ヘビの道。その森を ...

ネコ目線の哲学, レットーkan

#自販機 #浮かび上がる
 
 田んぼ道を歩いていた。雨が降り、カエルが鳴いていた。そして考え疲れていた。

 我々はいったい、何を求めている? 何を目指している? 何をどう解決しようとしている? ...

ネコ目線の哲学

 みんな、評価をしてもらいたいのではなく、関心を持ってもらいたいんじゃないだろうか。

 評価されないことと、関心を持ってもらえないこと、これらは全く違う。

 人から頼まれたことは、人からの評価が必要だとは思うが ...

ネコ目線の哲学

ヒトとは、希望さえ持っていれば“結果が無くても”生きていける。

ヒトとは、結果を手にしていない“過程の状態”が、生きる姿。

宇宙とは、過程の存在状態。

【関連記事】

ネコ目線の哲学

 バカな男が、またバカなことを朝から考えていた。

 ───

 ちきゅうはよく考えたら、よく考えなくても有限だった! ヤバい… いつかはなくなってしまう…

 今のうちにやろうと思っていることをやってし ...

ネコ目線の哲学, 日々雑感

 毎朝の通勤電車🚃

 二人掛けの椅子に、股を大きく広げて座っているオッチャンがいます。見た目は普通の薄毛サラリーマンですが、座っている態度が必要以上にデカい。

 不自然なくらい股を広げ、足を最大 ...

ネコ目線の哲学, 哲学的な物語

初老の男が、駅前のベンチで寝ていた─ 寝てはいない。静止しているだけだった。

彼はつい先日まで、いや、もう数年たったかもしれないが、勤め人として働いていた。真面目に働いた。

その役目が終わり、いつも通っていた駅 ...