『普通はねぇ…』なんて

バカな男は、朝から『普通』に襲われていた。

周りの人間はいつの間にか『普通・標準』を身に着けて、それなりの地位と名誉と金を得ていた。

バカな男は知らなかった。そして幸福だった。

知ってしまうとバカが出来なくなって、カシコイ人間にならなくてはいけなかった。

知らなかったから、バカな男はバカをやってきた。

バカな男は思う。

普通とは
知ってしまえば
   縛られる
    社会の常識
    世間の常識

日が長くなってきた

どの冬も
日が長くなる
   確実に
 どんな冬でも、次第に日が長くなっていって、明るい時間が増えていくものですよ、確実に。