カテゴリー: 哲学的な断片小説

ハゲトは自宅のアパートメントの一室で、することがないことに悩んでいた。   ハゲトは、趣味を持っていなかった… インターネットで『趣味』を検索した。   世の中には色々な趣味が存在し、それをインターネットの世界に公開して […]
   ナスカは春風の吹く頃、旅に出た。列車を待つプラットフォームで春の匂いを感じ、暖かさを感じ、風がナスカの髪を撫でていた。居るだけで気持ちよく、その心地よさを黙々と味わっていた。    ナスカは島に行くための列車に乗っ […]
   ナスカは初夏の明るい夕方、空が映り込んでいる水田の間を歩いていた。    アスファルトの黒く硬質な直線が、水田の間をまっすぐに伸びていた。    ナスカの周り一面には、水が張られた何枚もの水田が広がっていた。風はな […]
 ハゲトは今、出張帰りで特急列車の中にいる。  仕事は頑張っているつもりだが、いつも空回りしがちだった。さらにハゲトのある思考パターンが、いつもいらぬことを考えさせ、ハゲトの仕事、ハゲトの人生を邪魔していた。  混雑して […]
 ハゲトは人生に半分絶望していた。    出世することも、お金持ちになる事もできず、夢を追いながら日々をなんとか生きている状態だった。私生活が特に充実していることもなく、生きているとうまくいかない事が多い、まるで意図的に […]