完璧な瞬間

夜の生ぬるい風と、風に吹かれる木々のざわめき。遠くには雷鳴が見えた。最高の瞬間だった。

こういう瞬間を感じることができる歩みでありたい。