ゆったりと、どっしりと…

バカな男がまたバカなことを考えたので、シェアしたいと思います。
 
 
 
今日、不条理なことがありました。詳細は書きません。とにかく、この世の不条理を感じざるを得ないことがありました😞
 
そして、考えたこと。
 
まあいい。今の俺の目の前の世界がそんなもん、ということだけだ。
 
他の人の世界は違うだろうし、俺の目の前の、未来の世界はきっと違っている。
 
目の前に広がる今の世界は、今の自分の世界。
 
今はこうでも、未来はどうか分からない。
 
だから今を悲観する必要はなく、本質的に悲観はできない。
 
なぜなら、ただ自分の内面を現した世界だから。
 
あがいても仕方ないし、あがけばその様な世界が広がる。
 
ゆったりどっしり構えていれば、ゆったりどっしりした世界が目の前に広がる。
 
それは、自分の内面を信頼することに繫がる。
 
ゆったりどっしり構えないということは、揺れているということ。すなわち、自分を信頼していない。
 
これはいけない。
 
今の瞬間から、どっしり構えよう。それが、自分を信頼することになる。
 
そしてそのような世界が目の前に、すぐに広がっていく…!
 
という風に、考えました。
 
よく、『自分を信頼してあげる』ことがいいことだと言われていますが、なんか難しいですよ。
 
しかし、
 
今日思い付いた“ゆったり、どっしり構える”ことは、簡単にできます。
 
そしてそのことが、自分を信頼してあげることにつながる、と気付きました。
 
なぜなら目の前に広がる自分の内面を現した世界において、いらぬ心配はせずに、ゆったりどっしり構える、ということは自分を信頼しているということだからです…!