今日の劣等感【お金が足りない】───そこから気付いたこと

 
 
 『今日の劣等感』とは、日頃から感じているたくさんの劣等感の中で、特に今日、強く感じた劣等感のことである。

───

「お金が足りない」「お金が無い」と日頃から考えている我々は、「お金持ちになったらコレをやる、アレをやる」と考えていますよね。

 しかも、ですよ。

 そのイメージ、ビジョンが、今の自分の現状とかけ離れた、ものすごくご立派なビジョンになっているのではないでしょうか?

 そのことを正当化する理由も、我々は知っていますよ、もちろん。

「イメージしてることが現実になるんだ!」

という、どこかから持ってきた考え方を信じて、すごくお金持ちになった自分ばかりイメージしているのではないですか?

 その手法を仮に『妄想引き寄せの法則』と呼びましょう。

 その結果、目の前の、スグにできることをおろそかにしてきたことは、否めないです。

 遠くの『ご立派なビジョン』ばかり見て、スグできることに目を向けてないから、そのことに気付かないのです。

 スゴくお金があって初めて出来る『ご立派ビジョン、妄想』とは、どんなもの?

・豪邸に住まう
・しょっちゅう海外旅行に行っている
・豪華客船の中の豪華な部屋での旅
・有り余る時間(お金があるので働かないイメージ)
・欲しいものはスグに手に入れる
・人によってそれぞれのビジョン、妄想

 さて、今ココで、それらのビジョンを実現できる算段を、我々は全く持ち合わせていません。まるで無いです。

「( ゚д゚)イメージしてさえすれば実現するんだ」

 という状態なのです。

 実現させる算段がまるで無いから、具体的な行動には移れない。

「具体的にイメージするのがその手法なんだ。そして具体的な行動に移すことで、その夢のようなことまで実現できるのだよ」

という反論がありそうですよね。

 そしてその具体的な行動を開始し、あらゆる手段で必死でお金を稼ごうとします。

 それって、普通じゃないですか?

『妄想引き寄せの法則』は、不思議なパワーを伴ったスピリチュアルでも真理でも何でもなく、普通ですね。

「アレがしたい、コレがしたい、だから頑張って稼ごう」

 という事ですよね。近道でもないし、幸福のための特別な考え方でもない。みんなやってることなのですよ。

 そういう教えなのかも知れませんが。

───

 さて…

 自分の夢の実現を信じてやまない我々は、そのような普通の考え方では、もどかしいのですよ。

 目の前にぶら下げられた、永遠に噛みつけない『スゴい未来』という餌から、一度目をそらす必要があります。

 今のままでは、その『スゴい未来』のために走り続けて、結局はそれを得られないという、この世界の一つの“策”にハマっています。

 ○今ココに、留まってみる必要があります。

 今できる小さなことが、目の前にたくさんあるのではないですか?

 今スグに食べられる餌が、目の前にあるのではないですか?

 お金が無くてもできることが、目の前にたくさんありますよ。

 ハイレベルな考えですけど、お金が無くても、返すアテのある借金ができるなら、それで本当にやりたいことができますよ。ハイレベルですが。

 今できる小さなことが、目の前にたくさんあるのです。

 本当にやりたくて、何とかしてできることが、たくさんあります。

 だからですね、現状の自分をしっかりと受け止め、受け入れることで、今できることが見えてきます。

 今やるべきことが、見えてきます。

 そしてその方が確実に、【夢】に近づいていると思うのです。