「明るいブログ」というキーワードの、予想外の検索結果

 どうも、ムラヒトです。

 駄文や駄作を色々とこのウェブサイトに載せていますが、それらについて、人から言われたり感じていることがあります。

 私から漏れ出す文章が、暗いというか、ネガティブというか… そんな感じだと言うのです。それは自分自身も感じていることではありますが。

 扱いたいテーマが“哲学”とかですし。

 しかし、なんとか明るいウェブサイトにしたい、とも思います。「明るいブログ」というワードでグーグル検索してみましたよ。

“明るいブログ”

 … 想像していたのとは真逆の検索結果が出てきた。

・貧乏に関するブログ
・無職─
・離婚─
・不倫─
・引きこもり─
・…

 逆説的、極めて逆説的だ。検索結果の最初の1ページ丸々、ネガティブなキーワードが並んでいる… 諸兄も検索を試してみるといい。

 う〜む、どういうことだ?

 仄暗いモノを内に秘めているから、逆に明るく振る舞おうとしているのか? ←俺

 暗い事情、話題を持っているが、それを明るく捉え直すための戦いなのか? ←俺

 そう、戦いだな。現状打破のため、よりよい明日のため。

 いや、そんなたいそうな事でもなく、明るい明日のため、かな。
 
 
[ad#co-1]