【3】念願の大斎原へ ─ 往時のバーチャル大斎原

2018年4月29日

─ もくじ ─

旅行記 大斎原
【1】念願の大斎原へ
 【2】静寂の支配する場所
 【3】往時のバーチャル大斎原

 雨の中、大斎原の境内に立っていると「昔の賑やかな頃のココはどんなだっのだろう?」という想いが湧いてきた。


 境内の入り口に当時の賑わいを表す絵があった。


 それよりも、センターハウス(世界遺産熊野本宮館)にある模型の方が、当時の姿を体験できそうだ。



 大斎原に向かう。たくさんの人が行ったり来たりしている。



 江戸時代までは、大斎原のある中州までの橋が無かったということだ。だからみんな、足を濡らして音無川を渡り、それから鳥居をくぐる。何という神域。


 鳥居の奥には、数々の社が見えているではないか。


 参拝し、熊野詣を仕上げる。


↓現在の大斎原

[ad#co-1]