『あるピアノ教室』

むっちゃ前にやめた感じの、ピアノ教室を見た。前にやってて、今はやってない。
 
ピアノ教室がうまくいって、たくさんの生徒がピアノをうまく弾けるようになっていった、
かどうかは分からない。
 
でもひとつ確かなことは、「ピアノ教室をやりたい」という思いを実現したこと。
 
そこには失敗はなかった。やりたいことをやったのだから。
 
やりたくないことを将来の何かのためにやり続けて、
それがうまくいかなかったとき、それを失敗と言う。
 
そこには、すでに失敗の種が蒔かれている。
  
やりたいことをやっている時は、成功の芽がすでに出ている。