『かかみがはら航空宇宙博物館にて 4902』

2018年5月16日

YS-11 尾部

ひこうきのいちばん後ろ。

一番後ろの羽根は、飛行機の姿勢を司る、いつも動き回る羽根。

飛行機の一番前からの空気を、最後に受け止めるところ。

そこには風が集まり、風が後ろに抜けていく。その抜けていく風の向きをコントロールするのが、ここの羽根。

飛行機を上に向けたり下に向けたりする。

最後で調整する、重要な場所。空気の流れが最後に抜けるところであって、美しい。
 
 
『かかみがはら航空宇宙博物館にて 4902』
『かかみがはら航空宇宙博物館にて 5029』
『かかみがはら航空宇宙博物館にて 5088』