『かかみがはら航空宇宙博物館にて 5029』

飛行艇 US-1A

すこし前まで、飛んでいた。
この美しい形は、いつでも飛べる形。
だから美しいカタチをしている。

屋外には様々な飛行機が展示されていた。今はもう飛ばない飛行機たちだが、すこし前までは本当に空を飛び回っていた機体達。

そのカタチは、いかにも空を飛ぶカタチをしていて、美しい曲線美でまとめられている。

そのカタチから、空気の流れが想像できて、飛んでいるところがイメージできる。

今すぐにでも飛べるカタチだ。それは当たり前。すこし前まで実際に飛んでいたのだから。

エンジンや電気系統、舵とかもたぶん今は動かせないだろうが、機体のカタチだけは飛んでいた頃と変わっていな。

つまり、高いところから落とせば、多分飛ぶ。そんなカタチをしている。

だから美しいカタチをしている。
 
 
『かかみがはら航空宇宙博物館にて 4902』
『かかみがはら航空宇宙博物館にて 5029』
『かかみがはら航空宇宙博物館にて 5088』