船に乗って“びわこ開き” 〜 夜はよし火祭りを見る

2018年4月29日

 3/10は滋賀県で「びわこ開き」がありました。船に乗って見てきました。

↓「びわこ開き」のハイライト 黄金のカギ投げ入れ

【びわこ開き】湖国滋賀に春の到来と湖上観光の幕開けを告げ、びわ湖に訪れる観光客の安全を祈念するとともに水の恵みに感謝し、びわ湖の環境保全を呼びかける。春の扉を開くといわれる“黄金の鍵”をびわ湖に投げいれます。滋賀県観光情報より

滋賀県観光情報

 びわこ上に浮いている一番大きな船「ビアンカ(1216トン)」に乗船しました。※ビアンカよりも微妙に小さい船「うみのこ(学習船)」は928トンです。←平成30年(今年)5月より、新造船「うみのこ(1200トン)が運航予定です。)

 今日だけは琵琶湖中の船が集結して、びわこ開きに参加。


 主役船の「ミシガン」が遠くの柳が崎湖畔公園港を出港しているのが見えます。手前は観光船「一番丸」。

 「ミシガン」。

 鍵を投げ入れる前に、巫女さん達がお祈りをしています。

 黄金のカギを、二つ投げ入れる。

 夜はよしび祭り。

【琵琶湖最大の船 ビアンカ号 船内の探検】

[ad#co-1]