ナスカの旅:世界は巡る

 ナスカは月の無い暗闇の夜の中、たんぼ道を歩いていた。そこには街灯などは一切無く、控え目な街の明かりは距離を置いて遠くに置かれ、深い暗闇がだだっ広く広がっていた。夏のべったりとした空気はナスカの腕に纏わり付き、重たく生温いプールの中をどろどろと泳ぐように歩いていた。

 残業をした仕事帰りの道だった。毎日の仕事の癒しに、この夜の散歩はナスカにとって欠かせないものだった。会社や社会て受けた負の屑を落としてから、自宅に戻りたかった。

 しかし今夜は、心地好い風の中というわけにはいかなかった。どろりとした重たい暑さに加えて小さく不快な虫が無数に飛んでいるはずであるのに、月明かりもない道ではそれも分からなかった。

 ナスカは小さな懐中電灯を持って歩いていた。その懐中電灯は、一番小さな乾電池を包み込むような形をした懐中電灯だった。小型の乾電池一本で明るさを増幅させるために、半円球状に飛び出たレンズで光を集中させて、そこから照らし出された白い光は地面にくっきりと光の円を描いた。それは漆黒の夜の空に浮かぶ明る過ぎる満月、といったところだった。

 ナスカのすぐ足元は異常に明るく白い満月が浮いていて、道と田の分かれ目はハッキリ見えていた。ナスカはその強く白い光を見ながら歩いていたので、逆に周囲の暗闇は、より一層深い暗闇となっていた。

……

 深い暗闇の中を歩いている。その先には、深い暗闇が続く。ペタッ、ペタッっというナスカの足音と、水が張られた周囲の水田から聞こえる蛙の声があった。蛙の声は騒々しかった。

 夏はあまり歩かないナスカであった。今夜は歩いていた。そして嫌な汗が背中を流れていくのが感じられる夜だった。

 ふと、前の方に何かが動くのが見えた。ナスカの持つ懐中電灯は下を向けており、くっきりと丸い円を足元に描いていた。つまり、前に見える動くものは、光っているのだった。深い暗闇の中に、青白く浮かぶ何か。それは首の無い女の白い顔だった。唐突にそこに浮かんでいた。

 闇の中にぽつんと浮いており、揺れ動いている。ゆらり、ゆらりと揺れ動いている。ナスカの方を見ることなく、俯いて、冷たい無表情を地面に向けている。切れ長の細い目はうっすらとその瞼を開けており、それに続く鼻筋はまっすぐに通り、青白い肌に映える妙にエロチックな真っ赤な唇が、半月状に吊り上がっている。

 暗闇の中でナスカは一人残され、足元には白い満月が浮かび、目の前には青白い顔に真っ赤な口の女の顔。ナスカは恐怖で動けなくなった。白い満月を描き出している懐中電灯はピクリとも動かなかった。

 しゃらん、しゃらん。体は無く、青白く光る顔だけが、どんどんナスカに近づいて来る! 女の顔はナスカをチラリとも見ることなく、果てしなく深い井戸の底を覗き込んでいるかのように、下を向いている。

 あっ、とナスカが声を上げたときには、ナスカと白い女の顔は激しく衝突した。

 ナスカは、水田に落ちた。茶碗一杯分くらいの稲が倒れた。

……

 女の顔は、スマホ(スマートフォン)を食い入るように見る、ただの女だった。液晶画面から放出されるブルーライトにより、暗闇の中に青白く光る顔だけが浮かび上がっているだけのことだった。

 茶碗一杯分の米が今、この世界から消失した。この出来事は、世界にとって重要で不可欠な出来事だった。

 ナスカが田に落ちたことにより、その場所で出来るはずだった茶碗一杯分の米が、この世界から消え失せた。そのことにより、5kg入りの米一袋が予定より一つ少ない生産となった。それはスーパーマーケットに並ぶ頃に微妙に影響を及ぼし、二ヶ月後にスーパーマーケットに行ったそのスマホ女は、米が買えなかった。

 そのこのによりスマホ女はその日の夕食は、パンとなってしまった。そして翌日、友人との食事でどうしても米が食べたく、予約していたパスタの店はキャンセルし、和食の店に行った。

 行くはずであったパスタの店で、うら若き男性の店長は、「Reserve」と書かれた札が置かれたテーブルを眺めた。そのテーブルに来るはずだった若い女性の声の持ち主は、今日は来ないことになった。今日は他には客はおらず、がらんとした店内で一人、店長はそのテーブルを見つめていた。

 店長とスマホ女は今日、ここで出会うはずであった。そして恋人となり、結婚をし、この店を二人で経営していく未来があったはずだった。

 しかし、その未来は取り消された。

 代わりに、和食の店での未来が続く事になった。うっすらと半分閉じた瞼、その先に続く高い鼻筋、そして白い肌の上に引かれた真っ赤な口紅。パスタ店の店長の代わりに、和食店の男性店長が雷に打たれたのだった。

 スマホ女と和食店の店長は運命的な出会いを果たし、子供が生まれた。

 その子供は成長してまた子供が生まれ、その子供はまた子供が生まれた。5世代先まで繋いでいった時、世界の危機があった。世界大戦になりかかった時(人間は相変わらず愚かだった)、スマホ女の子供の子供の子供の孫が、当時の世界的指導者の助言者に助言する役割が巡ったのだった。助言者への一言の助言が、指導者の考え方を変えたのだった。

 世界は滅亡を免れた、今回は。

 あの夜、あのたんぼ道でスマホ女が出なければ、世界は5世代後、終末を迎えていたのだ。

 小さな出来事が、世界を巡る、歴史を巡る。

……

 遺跡の上で、ナスカは石の椅子に座っていた。椅子の隣にはたった一本の木と、小さな紳士が立っていた。

 「あの夜のたんぼ道のシーンはなかなかよかったね」と、小さな紳士はナスカに言った。  「でも、本当に怖かったんですよ」と、ナスカは少しだけ小さな紳士に顔を向けて抗議するように言った。