ナスカの旅, 物語 Storys

 ナスカは今、大型旅客機の最後部にいる。大型旅客機の後部に座席の無い空間がぽっかりと存在することを、ほとんどの乗客は知らない。

 その広い空間で、ナスカのように伸びなどをしてゆっくりと過ごす乗客は、そういないであろう。先ほ ...

ナスカの旅, 物語 Storys

 水が張られた何枚もの水田の中に、小さな道が真っすぐに伸びていた。辺り一面に広がる水田は静かで、何枚もの鏡が並べられているようだった。

 ナスカは会社帰りの初夏の夕方、空が映り込んでる銀の板の上を、黙々と歩いていた。