バカな男, 哲学的でもない, 短歌

 気が向いて、散歩に出かけた。 さっきまで確かに晴れていたのに、雨が降り出した。 バカな男は、降ってくる雨に怒りをぶつけた。 なぜ今、降るんだ! お前らはさっきまで降ってなかったじゃないか! 何考えてるんだ! いい加減にしろよ! 雨っ!   ...

哲学的な, 短歌

今、働いています。毎日、会社に通っています。 将来の夢を持っています。近い将来、何かに成功して、お金持ちになって、自由になるのです! 自由になれば、好きなことができます。毎日やりたいことをして過ごし、毎日やりたい仕事、今よりも素晴らしい仕事 ...

哲学的な, 短歌

人生の旅において、来るところまで来てしまった… 考えていたような楽園には行けず『荒涼とした失望』といったものが今、目の前に広がりつつある。 それでも人生の歩みはまだ続いており、たぶん、背負ってしまっているものもある。少しづつでも、前に進まね ...

バカな男, 哲学的でもない, 短歌

 そのバカな男は、カメラで写真を撮ることも趣味の一つだった。 使い慣れた古いカメラで、今回は豪華客船を撮りに港まで行った。 同じように客船を撮りに来ている人たちがたくさんいて、皆、なかなかいいカメラを持っていた。 バカな男は、自分の古いカメ ...

哲学的な, 短歌

今日も、朝が来た。今の自分が、自分に認められる自分ではないと、自分を責めたてる。 疲れて、眠くて、身動きがとれない。周りの人間がみんな素晴らしく見える。それに比べて自分は… それでも今日もまた、一日が始まる。目の前に続いている道(TAO)を ...

哲学的でもない, 短歌

 ある平日の朝、コンビニエンスストアで、浮浪者のような人が朝から酒を買っていった。 浮浪者のようだと言っても、安酒を買えるくらいの金は持っているようだ。 そしてその人をよく見ると、かつての知り合いで、一部上場会社に勤めていた人だった。 見た ...

哲学的でもない, 短歌

車の点検をしにカーディーラーに行ってきた。買うときに世話になった営業マンが、事務所の一番奥のデスクに座っていた。 偉くなったんだな。 何も変わらない自分は… とりあえずトイレに行った。鏡には、成長の止まったみすぼらしい自分が映っていた。   ...

哲学的な, 短歌

苦しいとき、迷いのある時、日常の全てを単純作業と捉え直す。

何も考えを介在させることなく、目の前のTAO(道)を行く。

 

苦しいな そんな時でも 目の前に

やることあるし で ...

哲学的でもない, 短歌

昨日に撮られた、自分の写真を見た。 そこに写っているのは、自分が思っていたよりも、ヤバいくらい老けている自分だった。 写真見た年をとった 自分いた 含蓄の無い老けた自分が

バカな男, 哲学的な, 短歌

「求めよ。さすれば得られん」という言葉があるじゃないですか。信じれば得られるっていう感じ。 でも違う時もあると思うんです。特に疲れている時。 『求めるな。さすれば迷わん』そして、しあわせになれる… 迷いのテツガクから、迷わないテツガクへ。  ...